発祥の地bannar
明治大学発祥の地 [めいじだいがくはっしょうのち] 


場所
東京都千代田区有楽町2丁目
コメント
有楽町の 数寄屋橋交差点前, ニュートーキョービル前の公園に 赤い記念碑が建つ。

明治初期, 司法省の設立した「明法寮」に学んだ 岸本辰雄・宮城浩蔵・矢代操 の3名は, 本格的な法律教育のために 1881(明治14)年, ここ数寄屋橋の島原藩邸跡に 「明治法律学校」を開校。
1886(明治19)年には 神田南甲賀町に校舎を新築し移転。 1920(大正9)年に 明治大学となった。

撮影日
2003年4月
碑文
明治大学発祥の地

明治法律学校(現明治大学)は, 明治14年(1881)1月17日に 旧肥前島原藩主松平氏の 上屋敷であった この地に開校した。創立者の岸本辰雄, 宮城浩蔵, 矢代操の三人は, 貢進生として鳥取藩, 天童藩, 鯖江藩を代表して 大学南校に遊学し, つづいて 明法寮で ポアソナードに フランス法を学んだ。 その後 フランスに留学し, とくに「権利自由, 独立自治」の精神の普及をめざして 本学を設立した。当時彼らは いずれも三十歳に満たぬ 白面の書生であった。

明治大学発祥の地 碑 数寄屋橋
明治大学発祥の地 碑
数寄屋橋交差点
正面のトンガリ屋根は 数寄屋橋交番
左奥は 阪急・西武デパート


2018/09/22