発祥の地bannar
大村高等女学校発祥之地
 [おおむらこうとうじょがっこうはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
長崎県大村市東本町
コメント
JR大村線の大村駅から西に200m。長崎空港観光ホテルの向かい側、歩道橋の階段下の歩道上に「大村高等女学校発祥之地」と書かれた黒い石碑が建っている。

大村高等女学校は、明治の末に長崎県東彼杵郡立としてこの地に創立され、戦後旧制大村中学校と合併して現在の県立大村高等学校となった。

撮影日
2014年11月 (写真提供 まさ・なちさん)

 
大村高等女学校発祥之地碑
大村高等女学校発祥之地 碑
発祥碑のある場所
発祥碑のある場所
 歩道橋手前の街灯の足元に発祥碑


移転先 https://840.gnpp.jp/omurakotojogakko/