発祥の地bannar
浄土宗近代教育発祥の地
〔じょうどしゅうきんだいきょういくはっしょうのち〕


場所
東京都港区芝公園1丁目
コメント
日比谷通りを“みなと図書館入口”交差点で東に入ると, 共立薬科大学の前に 天光院 という 寺がある。寺の前庭の隅, 地蔵尊の裏側に この碑が建つ。

碑文 および 天光院のホームページ によると, 明治中期に 浄土宗の学校制度が定められ, 浄土宗本校が ここ天光院に設置され 近代教育の本拠となった。
これを起点として 浄土宗の学校が派生していき, 現在 大学は大正大学, 佛教大学, 中・高校は芝, 東海,富山,上宮, 鎮西の各学園がある。
また他にも 浄土宗系の多くの 大学, 小・中・高校を含む 宗門校群があり, 青少年教育に活躍している。

撮影日
2003年9月
碑文
浄土宗近代教育発祥の地

当山天光院は 天正12年(1584)8月 増上寺11世円也上人の開基。 明治20年(1887)7月18日, 浄土宗の近代学校制度による 宗学本校が当院内に設置, 同23年1月小石川移転まで 一宗の高等教育機関として始動。 後には関東で, 宗教大学, さらに大正大学へと発展, 関西で仏教専門学校, さらに仏教大学へと発展する淵源となる。まさに浄土宗近代教育の発祥の地である。 大正大学12代(当山21世), 25代, 26代(当山22世)の三学長が当墓所に眠るも有縁。 御縁の浄土宗御門主中村康隆猊下に表の揮毫を戴く。報謝合掌
    平成7年(1995)12月29日
           天光院 22世 宣誉龍海 識

浄土宗近代教育発祥の地 碑 天光院
浄土宗近代教育発祥の地 碑
天光院


2018/09/21 10:56:54