発祥の地bannar
おみくじ発祥之地
 [おみくじはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
滋賀県大津市坂本本町
コメント
比叡山延暦寺の 根本中堂のある東塔地区から北に3km。
同じ延暦寺の 横川(よかわ)地区の東奥に「元三大師堂」(「四季講堂」とも呼ばれる) がある。大師堂の門前に「おみくじ発祥之地」と刻まれた シンプルな石碑が建っている。

元三(がんさん)大師は, 平安時代の天台宗の僧。第18代の天台座主で,“天台宗中興の祖”とされている。 正式の諡号(おくりな)は“慈恵(じえ)大師”だが, 命日が正月の3日であることから 「元三大師」の通称で親しまれている。 また「厄除け大師」などとも呼ばれ, 民間の信仰を集めている。

おみくじは 「元三大師百籤」が起源とされる。
「元三大師百籤」(=観音みくじ)は, 番号を付けた百本のくじを 小さな穴のあいた箱に納め, 祈りながらそのうちの一本を取り出して, 引いた番号に対応する五言四句の漢詩によって 吉凶を判断するもの。
現代のおみくじは この「元三大師百籤」から発展したもので, 人間の運勢・吉凶を 書かれた文面で占う。
このような歴史があるため, 寺のおみくじは漢詩で書かれ, 神社のそれは漢詩を避けて 和歌で書かれる ことが多い。

撮影日
2006年10月

移転先 https://840.gnpp.jp/omikuji/