発祥の地bannar
十一面観世音菩薩発祥之碑
 [じゅういちめんかんぜおんぼさつはっしょうのひ] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
三重県鳥羽市相差町
コメント
近鉄志摩線の松尾駅から 南東に8km。
的矢湾と千鳥ヶ浜海水浴場の中間に,“鯨崎”と呼ばれる 長さ500mほどの小さな半島が太平洋に突き出している。
岬の先端まで遊歩道が整備されていて, その入口に「十一面観音発祥」の碑が建っている。

鯨崎から西に10kmほど離れた 標高336mの青峰山の頂上付近に 青峯山正福寺がある。
高野山真言宗の寺で, 古くから志摩地方の漁民の信仰を集め, 海上交通守護に霊験があるといわれる。 この寺の本尊である“黄金の十一面観音”に関して 次のような言い伝えがある。

西暦736(天平8)年, 身の丈1寸8分(5.5cm)の黄金の観音像が 鯨の背に乗って 鯨崎の海岸に現われ, これを武将・青山半兵衛が拾い上げた。志摩で一番高い山に祀るようにとの夢のお告げにより, 青峰山正福寺に 安置された。
なお「十一面観世音菩薩」とは 観音菩薩の化身の一つで, 本体の顔以外に頭上に11の顔を持つ菩薩像である。
奈良時代にもたらされた十一面観音である という理由から「発祥」とされたのであろうが, 残念ながらこれは伝説にすぎず, 公式に認められているわけではない。 正福寺の本尊も 文化財などに指定されてはいない。
撮影日
2008年5月 (写真提供 K.T.さん)
碑文
天朗峯
 青峯山
 十一面観世音菩薩発祥之碑
   三重県知事 田川亮三 書

(碑の裏面には“観音像が鯨に乗って現れた”という 上記の伝説が刻まれているが, 写真が不鮮明で碑文が読み取れないので, 碑文の記載は省略。)
十一面観世音菩薩発祥之碑
 十一面観世音菩薩発祥之碑

移転先 https://840.gnpp.jp/juichimenkanzeon/