発祥の地bannar
庄内おばこ節発祥の地
  [しょうないおばこぶしはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
山形県飽海郡遊佐町小原田
コメント
JR羽越本線の遊佐駅から 東に2km。
町立遊佐中学校の南東,平津の集落に 帝立寺がある。 その境内に「庄内おばこ節 発祥の地」という石碑と 説明板が建っている。

「おばこ節」は 山形県・秋田県など 東北地方各地に歌われている民謡で,
  ♪ おばこ来るかやと 田圃のはずれまで 出て見たば・・・
という歌詞や“コバエテコバエテ”という合いの手で有名。

その発祥については諸説あるようだが, その一つが 当地に伝わる言い伝えが基になった「庄内おばこ節」発祥説である。
この寺の近くに 梢(こずえ)という名の娘(おばこ)が住んでいて・・・という言い伝えは 下記の碑文に記されている通り。

撮影日
2008年10月 (写真提供 T.H.さん)


移転先 http://840.gnpp.jp/shonaiobako/