bannar
秋の山唄発祥之地
 [あきのやまうたはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
宮城県遠田郡涌谷町箟岳
コメント

「秋の山唄」は宮城県を代表する民謡の一つで,涌谷町が発祥の地といわれる。
もとは「草刈り唄」と呼ばれる労働歌で,朝近くの山で草を刈り,それを馬の背に積んで運ぶ時に唄った唄。これを昭和17年ごろに民謡研究家の後藤桃水氏が編曲して「秋の山唄」と名づけ,東北地方のみならず広く全国で唄われるようになった。

撮影日
2014年7月 (写真提供 T.H.さん)

 

移転先 https://840.gnpp.jp/akinoyamauta/