発祥の地bannar
奈良県商業教育発祥の地
 [ならけんしょうぎょうきょういくはっしょうのち]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
奈良県奈良市船橋町
コメント
JR関西本線の奈良駅から北に700m。
奈良県立大学の正門から 50mほど構内に入った右手に,下写真に示す石碑が建っている。

奈良県立大学は,1953(昭和28)年に「県立短期大学」として誕生した。 修業年限2年(後に3年に変更)の商経学科だけ,しかも夜間課程のみで, 勤労の傍らで学業を求める人々に大学教育を開放する目的で開校された。
1990(平成2)年に 4年制大学に昇格し「奈良県立商科大学」となり, さらに 2001(平成13)年に「奈良県立大学」と改称, それまでの「商学部」は組織変更され「地域創造学部」となった。

このように 本大学は奈良県における最初の商業教育を行う大学であることから 「奈良県商業教育発祥の地」と称している。
資料が乏しいため, 碑文にある「船陵学舎」「翔樚会」などについては不詳。

撮影日
2009年11月
碑文
  船陵学舎の跡
奈良県商業教育発祥の地
    奈良県知事 上田繁潔

    開校六十周年記念
         翔樚会

 
奈良県商業教育発祥の地碑 奈良県立大学
奈良県商業教育発祥の地 碑
奈良県立大学

移行中 https://840.gnpp.jp/narakenshogyokyoiku/