発祥の地bannar
日本最初の公開図書館
 [にほんさいしょのこうかいとしょかん]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
奈良県奈良市法華寺町
コメント
近鉄奈良線の新大宮駅から北に800m。
奈良市立一条高校の東側の塀の外,国道24号(奈良バイパス)の歩道に面して 「日本最初の公開図書館・芸亭伝承地」と書かれた,高さ2mほどの木製(?)の標柱が建っている。

「芸亭」(うんてい)とは,日本で最初の公開図書館とされている施設。
8世紀末,奈良時代後期に 有力貴族であった石上宅嗣(いそのかみのやかつぐ)が 平城京(現・奈良市)に設置した。芸亭院(うんていいん)とも呼ばれる。
石上宅嗣は大納言の地位にまで昇る一方で,知識人であり 熱心な仏教信者でもあった。 自分の邸宅を阿閤寺として改築した際に,敷地の一部に古今の書籍を収蔵し 希望者に閲覧を許したのが芸亭の始まりとされている。

奈良時代,個人で蔵書を集める風潮が芽生え「公家文庫」と呼ばれる蔵書が出現した。 芸亭は 公家文庫のうちでも最も古いものの一つである。
芸亭以前にも 8世紀の初めごろ,国家の蔵書を管理する組織“図書寮(ずしょりょう)”が 中務省(現在の宮内庁に相当)開設されているが,ここは役所内の施設であり, 一般公開はされていなかった。

ちなみに,芸亭の「芸」は 芸術の「芸」(ゲイ)とは異なり「ウン」と読む。
“ゲイ”の文字は 本来「藝」であり,これが戦後の当用漢字で簡略化された「芸」という 同じ形の文字が使われたため混同されやすいが,“ウン”の文字は 昔から「芸」であった。

撮影日
2009年11月
碑文
日本最初の公開図書館
  芸亭(うんてい)伝承地

(説明板)
  芸亭(うんてい)
 芸亭は今から千二百余年前,奈良朝のころ 大納言石上宅嗣卿が邸宅を提供して阿閤寺とし, その一隅に設けたわが国最初の公開図書館である。 そこには数多くの儒書等を備え,好学の人々に自由に閲覧させた と続日本紀に書かれている。
 芸亭の位置については,古来多くの学者によって研究されてきたが, 現在では一条高校付近だといわれている。
 奈良県図書館協会では宅嗣卿の業績を賛えるとともに, 芸亭の存在をひろく世に認識され,その趣旨が今に生かされるよう, ここに顕彰柱を建ててながくこれを記念するものである。
  昭和四十六年十月二十八日
          奈良県図書館協会


 
芸亭伝承地碑
 芸亭伝承地 碑
 (背後は一条高校)
芸亭 説明板
 芸亭 説明板 .

移転先 https://840.gnpp.jp/kokaitoshokan/