発祥の地bannar
イルカ飼育発祥の地
 [いるかしいくはっしょうのち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
静岡県沼津市内浦長浜
コメント
伊豆箱根鉄道駿豆線の伊豆長岡駅から 西南西に6km。
沼津市街地から駿河湾沿いに 県道17号を南進すると“三津三叉路”交差点から500mほど先の左側に「三津シーパラダイス」がある。ここの正面は土産物などの販売店になっているが,その外側右側の壁面に,3匹のイルカが飛び跳ねているレリーフが飾られており,その左下に やや小さな文字で「イルカ飼育発祥の地」と書かれている。

現在 日本国内には “水族館”あるいは同種の施設はどれだけあるのかわからないが,日本で最初の水族館は,1897(明治30)年のこと。神戸市で開催された第2回水産博覧会に際して開設された“和楽園水族館”だと言われる。ただしこれは 博覧会期間中だけの開設だった。
1899(明治32)年“浅草公園水族館”が開設され,日本初の私設水族館といわれた。
1903(明治36)年,当時世界一との評価を得た“堺水族館”が開館。(1961年閉館)
1922(大正11)年,京都大学白浜水族館が開館。

そして,1930(昭和5)年に,日本で5番目の水族館として,“中之島水族館”が開館した。ここは,1954(昭和39)年に“三津天然水族館”となり,現在は“伊豆・三津シーパラダイス”と改称されている。
この施設は 日本で初めてバンドウイルカやセイウチ・ラッコの飼育を行ったことで知られる。
今年(2010年)は “イルカ飼育80周年”に当たるというので,いろいろなイベントが行われるとのこと。

撮影日
2010年1月
碑文
イルカ飼育発祥の地

  伊豆三津シーパラダイスは 1930(昭和5)年に三津水族館として開館した.世界最初のイルカ水族館です。


 
イルカ飼育発祥の地
 イルカ飼育発祥の地 碑
 (レリーフ左下に「発祥の地」の文字)
イルカ飼育発祥の地
 イルカ飼育発祥の地 (拡大)
伊豆・三津シーパラダイス
 伊豆・三津シーパラダイス
  ( エントランス )

移転先 https://840.gnpp.jp/irukashiiku/