発祥の地bannar
船舶無線電信発祥地記念塔
 [せんぱくむせんでんしんはっしょうちきねんとう]


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
静岡県焼津市浜当目
コメント
JR東海道本線の焼津駅から 北東に2.5km。
焼津港の北側に 駿河湾に少し突き出すように 小高い山がある。虚空蔵山,標高126m。
石段が続く登山道(参道)を登ると,虚空蔵山の山頂付近に曹洞宗の寺・香集寺があり, 寺の東側に ピラミッドを思わせる四角錐のモニュメントと「船舶無線電信発祥地記念塔」と書かれた石碑が建っている。 >

虚空蔵山の山頂に建てたアンテナがどのようなものであったのか,資料が見当たらないため不明だが, 現在は ひっそりと記念碑が建っているのみである。

撮影日
2009年5月 (写真提供 T.H.さん)

 
船舶無線電信発祥地記念塔
 船舶無線電信発祥地記念塔
同・説明板
 同・説明板      .


移転先 https://840.gnpp.jp/senpakumusendenshin/