発祥の地bannar
大和茶発祥伝承地
 [やまとちゃはっしょうでんしょうち] 


発祥の地コレクションは、新サイト https://840.gnpp.jp に移行作業中です。
個別の移転先ページのリンクは、このページの下部をご覧ください。

場所
奈良県宇陀市榛原赤埴
コメント
空海(弘法大師)は,806年に唐より帰国する際に茶の種子を持ち帰り この地で栽培したのが 我が国におけるお茶の発祥と言われている。また仏隆寺には,その際に空海が持ち帰ったとされる茶臼が現在も保存されており,茶樹もまた仏隆寺の境内に保存されている。

撮影日
2012年4月 (写真提供 totteさん)

 


移転先 https://840.gnpp.jp/yamatocha/